最近は涙もろくて

歳をいくと涙もろくなると云いますが、子供に関する痛ましいニュース、震災や天災で自らの命をかえりみず、人の命を助けに行った人たちのニュースなど新聞を読んだり、テレビで見ていると涙がこみ上げてくることが多々あります。

嫁にばれないように涙を拭いていますが…

「男は泣くな」そう言ってきた母が危篤になった時、ずっと涙を堪えていましたが、死に化粧をした母と対面した時、涙は止まることを忘れてようです。

幸にも私は父母二人ともの死に立ち会いました。父が亡くなった時は集中室のベットの横でしゃがみこみ、声を堪えて泣いていました。

看護師さんが他から見えないようにカーテンを閉めてくれた事を思い出します。

何年たってもそう言う記憶はなくならないものですね。

(FB 2011/11/16)

コメントを残す

このページの先頭へ