Uplus-アプラスは合同会社です ー 株式会社ではなく合同会社を選んだのは

2006年5月より合同会社の仕組みがスタートしましたが、未だに合同会社って伝えると変な顔をされる方がおられます。

今の会社法では有限会社は設立できず株式会社か持分会社である合名会社、合資会社、合同会社になります。

合同会社は法人の所有と経営が一致した形態です。株式会社と比べると

株主 → 社員 取締役 → 業務執行社員 代表取締役 → 代表社員

となります。よって代表者の私は代表社員となります。

この社員という響きは従業員(会社員)の代表?と思われる方も多くはありません。法律による言葉と一般的に使われている言葉の違いです。前述のように代表社員は株式会社の代表取締役に相当します。

社会保険労務士法人は出資できるのは社会保険労務士のみで構成員は社員となります。そして代表者は合同会社と同じく代表社員です。社労士法人は税理士法人や弁護士法人と同じく合名会社の仕組みを準用しているからです。

私の名刺には「アプラス合同会社」と「エーディーアール社会保険労務士法人」が併記されていますが、どちらも法的には「代表社員」となるので合同会社の方が都合が良いわけです。

エーディーアールアプラス合同会社 – ADR Uplus LLC、C2U有限責任事業組合 – C2U LLP はそれぞれ業務執行社員、組合員となるので名刺には併記していません。

なお、個人事務所当時の名残で社内では所長としていますが、最近は職位をCEOと表記することが多くなりました。

※ Apple Japanは有名な会社ですが、Apple Japan合同会社であることをご存じでしたか?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ