ADR通信 27年11月臨時号

ADR通信は労務管理に関するニュース、無料セミナー、研修及び助成金情報をお伝えするメールマガジンです。

今月の話題
1 マイナンバー実務セミナー(無料)
2 助成金情報~トライアル雇用奨励金~

【1 マイナンバー実務セミナー(無料)】
平成27年10月5日より順次個人番号(マイナンバー)の配布が始まっています。従業員等のマイナンバー収集し、漏洩がないよう管理しなければなりません。
実際にどのようにマイナンバーを扱えば良いか解説を致します。

日時 平成27年11月16日 10:00~12:00
場所 京都市中京区龍池町449-1
エムズ烏丸御池 2階 会議室
地下鉄烏丸御池駅 徒歩2分
費用 無料
定員 30名

参加ご希望の方はこちらから → https://adr.jpn.com/?page_id=1327

以上

【2 助成金情報~トライアル雇用奨励金~】
トライアル雇用奨励金とは…
職業経験の不足などから就職が困難な求職者を原則3ヶ月間の試行雇用することにより、その適正や能力を見極め、常用雇用への移行のきっかけとすることを目的とした制度を「トライアル雇用求人」といい、そのトライアル雇用求人を適用した場合に支給される助成金です。
従来は、ハローワークからの紹介の場合のみが対象でしたが、平成26年3月から一部の民間職業紹介事業者からの紹介の場合もトライアル雇用制度の対象となりました。

支給金額は、以下になります。
1人当たり月額4万円(5万円)×3ヶ月=12万円(15万円)
( )内は母子(父子)家庭の母(父)

この助成金は、前回のキャリアアップ助成金同様、労働者の適正を確認した上で常用雇用へ移行することが出来るため、採用リスクを軽減することが出来ます。
また、労働者の適正不足で常用雇用へ移行しなかった場合も支給されるため、会社の人件費負担の面でも大変有効な助成金と言えます。

トライアル雇用奨励金を受給するためには、未経験者も選考対象とすること、求人申込者は必ず面接すること等、いくつか要件があります。
要件をクリアしているかどうかは、弊社にご連絡いただければ直ぐに確認させていただきます。

ここまでは、助成金の制度説明ですので、厚生労働省のホームページを確認いただければ誰でも調べることができます。
しかし、ここからが、弊社のメールマガジンのみの耳より情報です。

前回のキャリアアップ助成金、今回のトライアル雇用奨励金、どちらも採用に関する助成金で、有期契約の期間も6ヶ月以上と3ヶ月間と異なりますので、普通に考えればどちらか一方しかもらえないと思っていませんか?
その考え方は正しいですし、本来制度上も併用することは想定されておりません。

しかし、実はこの二つの助成金は併用することができるのです。

つまり、労働者の適正不足等で正社員に転換しなかった場合は、助成金はもらえないというキャリアアップ助成金の欠点をトライアル雇用奨励金の3ヶ月で契約満了しても12万円もらえるという利点でカバー出来るのです。

さらに、正社員に転換された場合は、トライアル雇用奨励金で12万円もらい、キャリアアップ助成金で50万円もらう。
合計62万円もの助成金がもらえることになります。

この方法にご興味をもたれた方は是非弊社までご連絡ください。
ご連絡お待ちしております。
【本メールマガジンについて】

発 行 元:エーディーアール社会保険労務士法人
アプラス合同会社
〒616-8107 京都市右京区太秦一ノ井町44-52
TEL 075-863-3030 FAX 075-863-3080
発 行 人:上田 篤史
Webサイト:https://adr.jpn.com

このメールマガジンは、ご登録者及び名刺交換させて頂いた方に送りしております。
登録内容の変更及び解除については下記のアドレスからお願い致します。

登録内容の変更
https://submitmail.jp/FrontReaders/mail_edit/3729/2

新規登録
https://submitmail.jp/FrontReaders/add/3729

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ